1. HOME
  2. 会社概要

会社概要

パイナップル王国のご案内

沖縄こだわりショップパイナップル王国はナゴパイナッブルパークの通信販売事業部として、南の島・沖縄の特産品や名産物をご案内する通信販売専門のお店です。沖縄の色々な特産品の中から、選りすぐりの商品や、パイナップル王国のスタッフみんながお勧めしたい『絶品!商品』またお客様の口コミによる【美味しい商品】をご案内させて頂いております。

私たちパイナップル王国は、沖縄本島内にある、パイナップルにこだわった観光テーマパークを主体とした6店舗を運営する名護パイン園グループ会社の通信販売事業部です。

ナゴパイナップルパーク

沖縄北部(名護市)に位置し、園内では「パイナップル型のカートでパイン畑や亜熱帯植物のお庭散策」「パイナップルの試食」などで楽しめる観光テーマパークです。

パイナップルハウス

那覇空港からほど近く、パイナップルスィーツをはじめ、沖縄特産品が色々そろう楽しいお土産スポット。2階「パイナップルキッチン」では、高さ約37cmの「ビックパイナップルパフェ」が人気。

古宇利オーシャンタワー

沖縄本島から車で渡っていける、沖縄屈指の美しい海が広がる古宇利島の展望型観光施設。店内では学んで食べる貝殻博物館や、絶景を眺めながら島の食材が味わえるレストラン、島特産古宇利カボチャ」を使ったスィーツなどを試食しながらショッピングが楽しめます。

100年古民家 大家(うふやー)

100年以上の歴史を刻む琉球古民家を復元した、ゆったりとくつろぎの空間で沖縄料理が楽しめるお食事処。また併設している黒糖にこだわった「スィーツショップ」「大家スィーツ工房」も人気を集めています。

パイナップル王国

お土産品、自社商品に限らず、地元沖縄の特産品から「本当に良いモノ」「旬のフルーツ」などを島々をかけ巡り厳選して全国へご案内しています。

那覇空港 国際線ゲート内

ゲート内のため那覇の国際空港を利用しないと入れないのですが…。南国のフルーツをたっぷり使ったスムージーをはじめとするドリンクバー。

私たちパイナップル王国の想い

  1. 私たちは、ホンモノの沖縄特産品を厳選し、農家や生産者の想いと共に提供するお手伝いをさせていただきます。
  2. 私たちは、お客様と沖縄が共に元気になる企業活動を行い続けていきます。
  3. 私たちは、沖縄のおじーやおばーから今に受け継ぐ伝統を大切に守り、情報としてお伝えします。
  4. 私たちは、お客様の大事な個人情報は確実にお守りし、電話でのセールスなどは一切いたしません。
  5. 私たちは、沖縄の気候のように風土の中で培われた温和で温かい心のお付き合いをめざします。

沖縄パイナップルとパイナップル王国の歴史

沖縄パイナップルの歴史

沖縄で本格的パイナップルの栽培が開始されたのは1924年、県外出荷も始まり順調に生産量を増やしてきました。しかし戦争によって畑・工場・生産者は壊滅的な打撃をうけます。やっとの思いで再開できたのは、石垣島で1946年、沖縄本島はそれから6年後となります。
その後、沖縄復興を目指した多くの方々の努力の末パインの生産量も急増し、ついにサトウキビに並ぶ二大基幹作物となるまでに成長しました。

海外産の輸入自由化の波

しかし、1970年代のオイルショックや海外産の冷凍パインの輸入自由化により、最盛期は年間10万トンあった収穫量が6割まで減少、さらに追い打ちをかけるように1990年パイン缶詰の輸入自由化によって沖縄のパイン産業は急激に落ち込んでいきます。

沖縄のパインを守りたい

沖縄国際海洋博覧会で全国に沖縄に注目が集まった1975年。当時パイナップル農家だった創業者の上江洲(うえず)は「沖縄のパイナップル産業をこのまま衰退させるわけにはいかない!」と立ちあがり1979年畑の中に小さなログハウスを建て、自分で育てたパインを直売する『名護パイン園』を開店しました。当時の沖縄ブームの煽りを受け年々生産量を少しづつ増やし、周囲の農家や地元関係者の方々からの協力も受け、パイナップルを試食しながら買い物ができるパイナップル専門店として話題を呼ぶようになりました。

農家さんへの感謝の想いを継承

その当時からの「沖縄のパイナップル産業に貢献したい」という想いは、現在にも引き継がれています。パインを加工するうえで廃棄物を出さず丸ごと活用することで、農家さんに還元できるような商品開発に取り組んだり、高齢化により使い手がない荒れた耕作放棄地をパイン畑に開拓したり、農村地域の活性化のため若い世代への農業技術を継承するなど様々な取り組みを行っています。そんな沖縄のパイナップル産業を守る活動の一環として、2005年全国からお取り寄せができる「パイナップル王国」が誕生したのです。

パイナップル王国の取り組み

パイナップルを丸ごと使った商品開発に取り組み廃棄物を少しでも多く減らし、パイナップルに付加価値をつけて、農家さんから少しでも原料を高く仕入れ還元することで、沖縄のパイナップル産業の活性化に取り組んでいます。

  • パイナップルの果肉

    缶詰・ケーキ・ペーストに加工。

  • パイナップルの果汁

    ジュース・ワイン・コスメなどに加工。

  • パイナップルの芯

    漬け物や佃煮、ジャムなどに加工。

  • パイナップルの皮

    炭にして、石鹸・消臭雑貨。
    配合加工し飼料・肥料に。

  • パイナップルの果皮

    パインの加工工程で皮に残るわずかな果肉。
    フルーツ酢・ジュースに加工。

チーム美らサンゴを応援

沖縄の豊かな自然の恩恵を受け造られる当店のパイナップル商品。そんな沖縄の自然に対する感謝の気持ちを、ほんの少しでも還元できればと当店での売上の一部を、オニヒトデの食害や赤土の流出、海水温上昇に伴う白化現象により激減しているサンゴの再生プロジェクト「チーム美らサンゴ」へ寄付しています。

チーム美らサンゴ バナー

会社概要

社名
株式会社名護パイン
代表者
代表取締役社長 安里 清
店舗運営販売
株式会社名護パイン園 通信販売事業部 パイナップル王国
店舗運営責任者
仰 耕平
お問い合せ
〒901-0244 沖縄県豊見城市宜保361ピースビル101
TEL:098-840-2833 FAX:098-840-2611
営業時間:9:30-18:00(土・日休業)